ニキビを完治させるためにやるべきこととは?

世の中に広まっているにきび色々な治療法

ニキビの治療には様々な方法がありますが、自宅で自分で行うものと
専門家が、機械などを使って行う方法、皮膚科の医師によって処方された薬などで行う方法があります。

 

間違った知識で治療を行うと悪化してしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

実は効果のないにきび治療方法はこちら
実はニキビを悪化させるにきび治療方法はこちら

 

皮膚科で行われる治療法

 

面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)

専用の器具を使い、ニキビに小さい穴を消毒した針やレーザーで開けて皮脂や古い角質を押し出す治療法です。
自分でつぶすのとは異なり、消毒も出来ているため雑菌も入らず、穴も小さいためにきず跡も小さく目立ちません。
レーザーを使って穴を開けると、熱により消毒も出来、皮脂腺もダメージを受けますが、その場所にはニキビはできにくくなります。
医師が行うので、肌のコンディションをちゃんと確認しているので、安心できます。

 

 

外用薬

ディフェリンゲル(アパダレン)レチノイド様作用 ピーリング作用と皮膚の角質が厚くなるのを抑えてニキビの出来にくいようにします。

 

抗生物質
(アクチアクリーム)ニューキロン系コ抗生物質
(ダラシンTゲル、ダラシンローション)リンコマイシン系抗生物質
ニキビの原因のアクネ菌を抑制し炎症を鎮めます。

 

 

内服薬

抗生物質系 
ニキビの原因のアクネ菌の増殖を抑えます。外用薬で効果のみられない時に併用されます。
ルリッド、クラリス(マイクロライト系抗生物質)
ミノマイシン(テトラサイクリン系抗生物質)

 

ビタミン系
ビタミンB2が良く処方されます、脂質の代謝や、皮膚の健康保持に効果があります。

 

 

注射治療

炎症を起こしてしまったいわゆる赤ニキビ、跡が残りそうな痛みなどがある場合に行い即効性が高い方法です。
ケナコルト(ステロイド剤)悪化したニキビに使われます。
プラセンタ 抗酸化作用、細胞活性化作用で、美肌効果があります。
ヒアルロン酸 ニキビ跡(クレーター)のデコボコの修正に使われます。

 

 

ケミカルピーリング

皮膚にフルーツ酸のような酸性の薬剤を塗布して、角栓、古い角質などを溶かして取り除く治療法です。

 

皮膚の新陳代謝を高め、肌の再生を行う方法で、ニキビ以外にも、シミ、しわにも効果があります。

 

医師により、肌のコンディション、ニキビの具合などをチェックし、どの程度の濃度、薬剤、時間などもきめられ経験豊富な腕の良い医師でないと、満足な結果が得られない時もあります。
一度の施術だけでは効果はすぐには表れませんので、何回か定期的に行わなければ効果が得られません。

 

ピーリングをすると、肌のバリヤー機能までもとりのぞくことになり、紫外線対策や、保湿なども必要で怠ると、肌にダメージをうけたり、かえって悪化してしまうこともあります。

 

 

レーザー治療

炭酸ガスレーザー
面皰圧出のときに、穴おあけたり膿が深い部分にたまっている炎症のあるにきびの場合は膿を出してしまった方が治りが速いために、この方法がとられることがあります。

 

ジェントルレーザー
脱毛をするレーザーで、毛穴を引き締めてニキビをできにくくするものです。

 

フラクショナルCO2レーザー
レーザーを照射して皮膚を入れ替えるようにする方法で、クレーター等の修正に使われます。

 

 

イオン導入法

導入剤を塗り、美容成分(ビタミンC等)の浸透を助けるために微弱電流を流す方法です。
ビタミンCの抗炎症効果などを利用したものですが、いくらイオンを流しても、浸透することはかなりむずかしく十分な効果が得られない場合があります。

 

電流を流すため、ペースメーカーや、骨の固定に金属を入れていたりすると受けられません。

 

 

ホルモン治療

生理前にニキビができるという場合に、低用量ピルを使いホルモンバランスを整えて、ニキビをできなくする治療法です。
ピルを飲むと血栓になりやすいため、脳血栓などになる可能性もあるため、医師に相談して行います。

 

 

 

自宅で自分で行える範囲の治療法

  1. 正しい洗顔と、自分の肌に合ったニキビ用の化粧水、クリームによる治療
  2. ビタミンB群の入っているニキビに効果があるというドリンク剤や、漢方薬等市販の内服薬
  3. オロナインや、硫黄のはいった外用薬
  4. 美肌効果、皮脂を多く出し過ぎないような食事療法
  5. 美肌効果、抗炎症作用のあるお茶を飲む
  6. ニキビによいというサプリの様な健康食品
  7. 生活習慣の見直し(禁煙、寝不足、運動不足、便秘解消等)

 

出来てしまったニキビは応急処置として上記の方法で改善出来ることがあります。
にきび跡の治し方も自己流ではなく正しい方法を行いましょう。
炎症のあるようなニキビなどは、専門医に治療をしてもらう方が治りも早いようです。
まずは日頃から、生活習慣の見直しを行いニキビのできないように心がけることが大切です。